債務整理は、昔と違い、今は任意整理が主流

任意整理

債務整理とは?

「債務整理」は返済が行き詰まってしまった借金を整理することです。多額の債務に苦しむ人の負担を軽減したり、帳消しにすることによって経済的な更生を図ることができます。借金に関して返済する義務があることを債務と言い、債務者は借金している人のことです

債権者はお金を貸している貸付業者などを言います。債務整理にはいくつか種類があり、自己破産や個人再生、特定調停や任意整理の4種類があります。借金の返済が膨らんでしまい手に負えなくなると、自己破産という方法を思い浮かべる人も多いでしょう。

自己破産より任意整理

一昔前は、借金の整理は「自己破産」というイメージがありましたが、現代は任意整理などが主流になっています。従来のタイプとはいくつか違いがあり、任意整理は債務者と債権者が交渉し、債務額が減額されたり、3年〜5年かけて返済することが可能です。周りの人に知られずに、保証人を巻き込まないなどのメリットがあります。

任意整理とは?

「任意整理」は債務整理手続きの一つの方法で、債務者や代理人である弁護士などの専門家が債権者と交渉し、借金総額の減額を依頼します。利息の返済のため元本が減少しなかった債務が、将来的な利息がカットされることによって、返済ペースを上げることが可能です。

この方法がおすすめな人は借金がそれほど多くない場合で、借金額をそれほど多く減額できないので多額の借金があるすべてと整理できないケースもあります。だいたい3,00万円以下の場合に向いています。他の手続きと比べると手続きが簡単です

必要な書類も少なく短期間で済みます。簡単にスピーディに処理した人に向いているでしょう。手続きが簡単で、短期間で終わるので家族にばれにくい特徴があります。家族の給与明細書や退職金証明書なども要らず、裁判所に行くこともありません。

官報公告もないので、家族や職場などに知られたくない場合、おすすめの手続きでしょう。

保証人に迷惑をかけたくない!

保証人のいる借金を整理したら保証人に迷惑をかけてしまいますが、任意整理なら保証人があっても借金を外して手続きすることが可能です。保証人にも迷惑をかけずに処理できます。

車のローンがあるなら整理すると、車を引き上げられてしまう恐れがありますが、車のローンを外して処理することができるので便利です。奨学金の借り入れがある人は、自己破産などをすると連帯保証人の親に督促されるので、もし内緒で借金している場合は知られてしまうことになるでしょう。

奨学金以外の借金を整理すると、奨学金に関しては影響がないので、親に迷惑をかけずに済んだり、借金がバレることもないでしょう。以前から借金していて、過払い金が発生している場合、大きく借金を減少することができるかもしれません。

過払い金の金額が多いと、過払い金返還請求をすることによって、お金をいくらか取り戻すことも可能です。以前から借金している人も、任意整理を行っている人は多く、近年では主流になってきています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする