借金返済に困ったら債務整理で借金苦から脱出するのも解決方法の1つです


借金苦を脱出するには

カードローンやクレジットの返済など知らず知らずのうちに借金苦に陥り、借金返済に追われしまった場合の解決方法に債務整理があります。
一般的な債務整理でよく利用される方法は、任意整理です。任意整理は、債務整理の中でも裁判所などへ出向く必要がなく比較的簡単に手続できます。
任意整理は、貸金業者などの債権者と債務者の間の交渉により借金の返済額を減らす方法です。支払計画が整うまでの間、支払いが猶予されるので安心です。

借金返済の負担軽減に

高金利の金融業者からの借入の場合、利息制限法で決められた金利を上回る分に関して利息の引き直し計算がおこなわれ、過去に支払いすぎた利息分を元本に充当することができます。これにより元本が減額されることとなり、借金返済の負担が楽になります。利息引き直し後の返済に関しても、将来利息を免除してもらうことや返済の分割回数を増やして支払うことができるなどの交渉が成立すれば、実際の月々の返済額がかなり減額されることになり借金苦からの脱出が可能です。
自己破産や個人再生などの債務整理と異なり、任意整理の場合は債務整理する債権が選択できます。これにより財産を残すことが可能です。例えば、住宅ローンや自動車ローンなどを債務整理しないでおけば、そのまま自動車や住宅を残したままにすることができます。

任意整理なら期間も費用も抑えられる

任意整理は、手続き費用も安く手続き期間も短くすむので最も便利な債務整理の方法だといえます。弁護士や司法書士に手続きを頼めば、依頼した時から煩わしい督促などの債権者からの連絡がストップするのもよい点です。貸金業者などの債権者との交渉が大事なポイントとなる任意整理では、法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼することがおすすめです。交渉次第で、返済総額に違いが出てくる可能性もあります。法律に素人の個人では、なかなかうまくいかず債権者のペースで交渉が運びがちですが、弁護士や司法書士などのプロに任せれば安心です。

弁護士や司法書士にご相談を

家族や知人に知られたくない人は、任意整理がおすすめの債務整理といえます。借金返済に悩んだときは、弁護士や司法書士などの専門家に相談するとよいでしょう。無理に支払いを続けて借金苦から脱出できなくなるよりは、任意整理などの債務整理をすることで無理のない返済計画が立てられます。
任意整理をする場合に必要な条件は、原則として安定した収入を得ていることが必要です。この条件は、収入の中から必要生活費を差し引いた額の中で返済を行っていくため必須です。もし安定した収入などが確保できない場合など返済に不安がある場合は、自己破産や個人再生などの方法も考えてみましょう。

借金の返済がなかなか終わらない、金利の返済に追われた元本が返せないなど借金に関する悩みは、手遅れになる前にできるだけ早く弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することがおすすめです。借金問題は、自分一人で悩まずに、まずは専門家に相談することから始めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする