借金返済できず借金苦にならないためにはどうすればよいのか


借金はバランスが重要

借金をすることは、時には必要としていることです。
借金をしても返済できるのなら特に問題なく、利用しないよりも利用したほうが良い場合が多いです。
しかし問題になるのが、借金返済ができなくて借金苦の状態になることです。
借金苦になることで、生活するためのお金がなくなり、生きていくことすら困難となります。
生活できない状態になることは避けなければいけませんので、借金返済ができない状態にならないようにしていかなければ行けません
そこで大事なのが、どのように対策していくと返済が無理なくできるようになるのかを知ることです。

借金返済を無理なくできるようにするためにも重要なポイントが、借りても貯蓄できるほどの余裕を持たすことです。
十分な計画を立てて借りたとしても、急な出費に対応できなかったり、収入が減ることで返済できなくなることがあります。
計画をすることも必要なのですが、対策としては不十分なため、さらに対策をしていかなければいけません。
対策として有効なのが、貯蓄をすることです。

貯蓄の重要さ

貯蓄があることにより、万が一急な出費があったとしても対応できますし、収入が減ってもすぐに苦しくなることはありません。
出費と収入の変化に対応できるのが貯蓄なため、借金をしていたとしてもお金を貯めていくことが大事です。
もう一つ、貯蓄できるほど余裕を持たすことで、借りすぎ防止も可能となります

貯蓄できないほどになるまで借りないようにすると決めておくことで、自然と借りすぎのストッパーが働きます。
限界まで借りる場合も、限界を超えることによりストッパーが働きますが、しかし、限界までにしてしまうと、ストッパーが働く前に、すでに借り過ぎをしている状態になりやすいです
できるだけ借りすぎを防止するためにも、早い段階でストッパーが働くことが良いので、貯蓄できないほどに借りないようにすることがおすすめです。

貯蓄できないほど借りてはいけない?

防止する方法はわかるけれども、そもそも借金するのだから貯蓄はできないと考えてしまうかもしれませんが、その考えが危険です。
返済が多く生活が困難な時に、借金することが多いのですが、この行為は自分を苦しめるだけです。
借りた時は助かるのですが、次の月から返済する金額が増えてしまうので、さらに苦しい状態となります。
また、現在苦しくなかったとしても、貯蓄できていないと急な出費に対応できなくて、お金を借りなければいけない状態となります
これもまた、来月から返済するお金が増えてきてしまうため、辛い状況になりやすいです。

自分を苦しめないためにも。借金するから貯蓄ができないと考えるのではなく、貯蓄できないほど借りてはいけないと考えるようにしてください。
考え方を変えるだけでも、借金苦になることを予防できますし、必要以上に借りないようにすることもできます。
借金苦になるのかどうかは自分次第ですので、貯蓄できないほどは借りないようにし、決めたことは最後まで守るようにしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする